アレルギー反応が出づらい自毛植毛の魅力

薄毛の悩みの解消法として植毛という技術が存在しています。
通常は、ナイロンなどで人工的に作った毛髪を植毛して髪の毛を増やすのですが、最近では自分の体にある毛を移植するという自毛植毛という技術が一般的となりました。

 

自毛植毛というのは、後頭部や側頭部の髪を毛根ごと引っこ抜いて、薄毛の部分に移植するというものです。
後頭部や側頭部というのは薄毛になりづらい場所で髪の量は十分にあります。

一旦移植毛が生着すれば、自分の髪の毛として移植した場所から生え続けます。

 

毛周期により脱毛してもまた同じように生えてきて、移植した毛髪の生着率も95%以上と非常に高くなっています。
術後半年程度で、自然な感じに馴染んできますので、移植完了となるのです。

 

移植のために抜いた場所からはもう発毛はしませんが、一見してわからないような場所を選んで毛髪を持ってくるので、気付かれることはあまりありません。

 

この方法の最大のメリットというのが、自分の毛を移植するので、アレルギー反応などが出づらいということです。
ナイロンなどの化学繊維で出来た人工毛の場合、頭皮が異物として反応し蕁麻疹などが発生する恐れがありますが、自毛植毛の場合は自分の毛を移植するので、拒否反応が殆ど出ないというのです。

 

ネットで検索をしてみると、人工毛を使った植毛によって頭皮にアレルギー反応が起こってしまい、他の対処法も試すことが出来なくなってしまったという方は少なくありません。
安全面などを考えれば、多少高くても自前植毛を利用する方が正解と言えるのではないでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ